1. TOP
  2. α1
  3. 早朝のキセキレイの翔

早朝のキセキレイの翔

 

今朝のキセキレイ

この撮影場所にはキセキレイが2~3羽現れる。

朝の時間には川原のこの場所で餌を啄ばむ。なかなかピントが合わない。

と言うのはキセキレイが餌を求めて激しく動き回るので・・・。

 

動きに合わせてカメラを振ってみて、飛んだ瞬間にシャッターを切ってみた。

 

少しピントがずれているようです。

 

ISO800、シャッタスピード:1031秒、レンズ:200-600㎜ズーム×2.0コンバーター、カメラ:α1

 

この場所は周りは日が当たっていてもここだけは朝日が差してくるのが結構遅く、時間と光と被写体の動きがカギかな~?と感じています。

 

最近は、”翔”をテーマにして撮っています。

 

ですので、シャッタースピードは1/1000くらいで切りたいので、光が欲しいのと、澄んだ空気感が欲しい。

 

こんな条件で、しかも、野鳥が撮影スポットに来てくれること。

 

これを求めて・・・。

 

コロナ禍で撮影も自粛気味でした。少しずつ投稿を再開することにしました。

 

この間に、カメラもα1に、レンズも200-600㎜ズームに。

 

以下の3枚の写真は、もう一羽のセキレイを追ってこちらに向かってきていて、次の瞬間舞い上がったところ。

 

デジタルは良~い、撮影した後すぐに出来映えを見て、レビューできるので次の撮影に役立てられるので。

 

 

 

 

 

よろしかったら”いいね!”を頂だけませんか。

\ SNSでシェアしよう! /

バードウォッチングの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バードウォッチングの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

ビジネスコミュニケーション・メソッドセミナー講師、元札幌商工会議所講師、ITコーディネーター・インストラクター、ISO内部監査員セミナー講師、

関連記事

  • 午後の野鳥の動きは?

  • 野鳥撮影でRX10M4、バードウォッチングの達人イッセイ村山がRX10 IVをレビュー

  • 野鳥撮影をDSC-RX10M4で撮れる慶び!豊かな自然を守る大切さを改めて知る

  • 野鳥撮影はコンデジ(ネオ一眼)で撮るセキレイの親子のキッスシーン?身近な野鳥撮影は超望遠で

  • DSC-RX10M4で撮るトビの飛翔は置きピン?流し撮り?rx10m4 作例で

  • バードウォッチング達人、ツグミの羽根の色に・・