1. TOP
  2. カメラ
  3. DSC-RX10M4で撮るトビの飛翔は置きピン?流し撮り?rx10m4 作例で

DSC-RX10M4で撮るトビの飛翔は置きピン?流し撮り?rx10m4 作例で

トビの飛翔は置きピン?それとも流し撮りでしょうか

あたりにターゲットなる距離に何かがあれば起きピンでいいのですが、なければ

流し撮りです。

 

流し撮りで実際にやってみました。

 

トビはいつもの撮影地にはあまりやって来ません。

やってくるのはダイサギかコサギです。

 

飛翔するダイサギか小サギでもなかなかファインダー内に捉えることができません。

ですから、

ファインダー内にトビの姿を捉えるのはもっと難しいです。

 

飛翔する鳥を撮るのはやはり普段から練習をしていないと上手くいきません。

 

ですのでトビが突然現れるとパニックになってしまいます。

先日今年初めて上空にヒバリのさえずりを聴いたときは、肉眼では見つけることはできましたが、カメラのファインダー内に収めることは難しかったです。

 

何度かやっているうちに、

DSC-RX10M4は超望遠カメラ、300mmくらいでかまえていると・・

 

飛翔する鳥をファインダー内に捉えやすいことが分かってきました。

 

今度飛翔している野鳥でやってみることにしました。

 

この方法は、小さな野鳥にも対応できそうなことが分かってきました。

 

今日は、いきなりトビが現れたので300mmくらいでファインダーに捉えて流し鳥をしてみました。

その結果がこれです。

 

 

このように少し慣れると300mmくらいで追跡できます。

もっとなれてくると600mmでも追尾ができるようになると思います。

 

7枚目の写真をみて見ると、トビの鋭い目は獲物を探している時にしか見られない目です。

 

DSC-RX10M4は飛翔体の追跡できる

 

肉眼では見られない鳥の姿、形と形相などがはっきりと確認できて一段と楽しみが増えてきます。

 

とっても楽しめるミラーレス、ネオ一眼デジカメです。

 

今度チャンスがあったらキジを撮りたいです。

\ SNSでシェアしよう! /

バードウォッチングの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バードウォッチングの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

イッセイ村山:元札幌商工会議所セミナー講師、ITコーディネーター

関連記事

  • 野鳥撮影をDSC-RX10M4で撮る正月3日慶び!豊かな自然を改め知る

  • 野鳥撮影にネオ一眼デジカメ撮ったカワセミ!!

  • 野鳥撮影をDSC-RX10M4で撮れる慶び!豊かな自然を守る大切さを改めて知る

  • 野鳥撮影カメラ・レンズ保管方法の誤解?カビから守る2つの方法!!

  • 野鳥撮影にコンデジカメラをおすすめするわけは?3つの条件がそろっているから。中でもこれ!!

  • dsc-rx10m4野鳥撮影で振り向いたら!そこにいたのは?