1. TOP
  2. カメラ
  3. 50 の 手習い バード ウォッチング。ネオ一眼 野鳥撮影も・・・

50 の 手習い バード ウォッチング。ネオ一眼 野鳥撮影も・・・

最近は働き方改革とやらで仕事に追われるようなことがなんとなくなくなって来た感じがする?

そう感じている人もいるのではないでしょうか?

50 の 手習い バード ウォッチングからネオ一眼 野鳥撮影

少し余裕がで居て来たねんレの5お代、あまり趣味はないけど・・・

平均的サラリーマンがすることは自分もやって来たけど特にこれと言う俊はないし。

そこで、近頃ジョギングもつらくなって来て、お散歩程度にしてお茶を濁しているあなたへ、

それにゆっくり歩くと今まで気が付かなかった鳥の声が耳に入ってくるようになってどんなとりがないているのだろうか?気になって50の手習いでバードウォッチングを始めてみようかなど思っていませんか?

 

バードウォッチングの達人があなたの身近にいる鳥、野鳥をご紹介しますね。

先ずは季節がらこれ。

メジロです。

可愛い鳴き声が聞こえたら木の枝を忙しく飛び交います。

そして一番身近な野鳥はこれ、

スズメです。この写真は3羽ですが周りに数十羽いました。

この2羽に着目して撮ってみました。まだ幼鳥のようです(嘴が少し黄色いですから)

 

50 の 手習い、バード ウォッチングはコミュニケーションをも知るきっかけ?

中の良い二羽ですね。ホッとしません?!

癒されてください。

 

何を話しているのでしょうか?

意外と野鳥とのコミュニケーションってとれるんですよ。

 

普段自分の仕事でコミュニケーションは大事だと思っていて、仕事のベースはコミュニケーションといっています。(オンラインセミナーZOOM 無料 ISO9001超入門と仕事講座で話させていただいています)

 

話を基に戻しまして、野鳥との距離を縮めて撮影しているとちょっとずつコミュニケーションが取れるような気がしてきます。

 

おはよう!って毎日声掛けしていると、だんだん警戒心がなくなってキジとの距離が一層近くなるような気がします。

 

スズメは益鳥です。何を食べているのかみて見ると意外なことが分かってきたりします。特に子育てのころはチャンスです。

 

バードウォッチングにネオ一眼 を必需品に、野鳥撮影へ

バードウォッチングは双眼鏡を持ち歩くのがふつう?

でも私はカメラを持ち歩きます。

自然の不思議な現象を含めたくさんの事象をおさめることことができて面白いですよ。

 

ネオ一眼 コンデジ おすすめ

お散歩にはコンデジを持って歩くとイイですね。

軽くて手軽で。

そして、

草花をも撮影できるのでスライドや写真に印刷することでそれを見ながら話に幅と、生活に潤いがでます。

 

野鳥撮影 ミラーレスカメラがいまどきにぎやかな話題

少しお散歩にカメラ、コンデジを持って写していると

もっとうまくなりたい、もっといいカメラが欲しいなどと欲が出るものです。

そうなってくると野鳥撮影はミラーレスカメラに気持ちが揺れます。

そうなるとこちらの商品などのことを見てください。

\ SNSでシェアしよう! /

バードウォッチングの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バードウォッチングの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

イッセイ村山:元札幌商工会議所セミナー講師、ITコーディネーター

関連記事

  • 野鳥撮影のあと撮った写真でカワセミの動きが!?見たこともないことに。

  • 野鳥写真家としても見逃せないカメラの先にある出来事。

  • DSC-RX10M4で撮るトビの飛翔は置きピン?流し撮り?rx10m4 作例で

  • 野鳥キジがテリトリーを主張し始めた?dscRX10m4が捉らえる!

  • 野鳥撮影でRX10M4、バードウォッチングの達人イッセイ村山がRX10 IVをレビュー

  • 野鳥撮影カワセミ、今朝の止まり木をミラーレス一眼で捉えた!